プレスリリース詳細
(2015/04/07)

(一般社団法人日本ほめる達人協会)

“ほめる国際交流”で日韓の相互理解、民間交流を促進
「韓国称賛運動研究協会」代表を日本に招待。三重県の「ほめちぎる教習所」を訪問

~ 日本で広がるビジネス分野でのほめる事例を視察し、韓国でも展開 ~

一般社団法人日本ほめる達人協会(事務所:大阪市西区、理事長:西村貴好)は、関係悪化が続く日韓関係改善の一助となるよう、「ほめる=相手の価値を見つけて伝える」ことによる日韓の民間交流を進めています。昨年6月には、韓国国内で称賛=ほめる活動を推進する「韓国称賛運動研究協会」の招待を受けて理事長の西村が訪韓。韓国150万都市である大田広域市副市長や市議会議長への表敬訪問や、「称賛 ほめる文化交流協定」の締結を行いました。4月21日から23日には同協会代表の呉元均(オ・ウォン・ギュン)氏を日本に招待し、三重県の「ほめちぎる教習所」や名古屋の中警察署などを訪問、日韓のほめる国際交流を更に促進します。 

韓国称賛運動研究協会の呉元均代表(中央)と日本ほめる達人協会の理事長西村貴好(右)

韓国称賛運動研究協会の呉元均代表(中央)と日本ほめる達人協会の理事長西村貴好(右)

 セウォル号の事故を契機に、韓国社会では倫理と道徳を学ぶ「人格教育」があらためて見直されています。「韓国称賛運動研究協会」代表の呉元均氏は、古来より韓国で重視されている「孝行」を学ぶ大田孝指導士教育院を運営、個人の品性や素質を高める人格教育には称賛が欠かせないという考えから2013年に同協会を設立しました。今後は教育分野だけでなくビジネスの分野にも称賛運動を広げていくため、ほめるビジネス先進国日本の事例を視察します。

生徒数を伸ばす「ほめちぎる教習所」を訪問

 4月22日の訪問場所となる三重県の南部自動車学校は、厳しいことが当たり前な教習所業界で初めて、脱輪した時もほめる「ほめちぎる教習」を実践。業界全体の教習生が微減にある中、毎年生徒数を30人以上増やしています。合宿免許は、年間150名だったのが600名になり、今年度は750名の参加を見込んでいます。韓国の訪問団は、同社の実践するほめる朝礼などを視察、同社社長との共同講演会を行います。

翌日の23日には、交通ルールを守り、他の模範となる人に、「いいネ!!カード」を交付している名古屋の中警察署を表敬訪問いたします。
 

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別