プレスリリース詳細
(2014/11/08)

(ナリス化粧品)

ナリス化粧品、産学共同研究で真珠の「にじみ」に着目
業界初“本物の真珠肌”を実現する新素材を開発、特許出願へ

~ 世界に先駆け、IFSCC2014パリ大会で発表。11月28日には国内で報告 ~

 ナリス化粧品(代表者:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、関西学院大学 理工学部 長田典子研究室と日本光研工業株式会社(代表者:松田信夫 本社:東京都立川市)との産学共同研究の結果、真珠特有の光学現象「にじみ」に着目し、“本物の真珠肌”を実現する新素材「PB POWDER」(仮)の開発に成功しました。この成果は10月28日、フランス・パリで開催された学術大会「IFSCC2014(*)」において口頭発表。11月28日には、東京で開かれる国内報告会(日本化粧品技術者会主催)でも報告します。なお、特許出願を予定しています。

*国際化粧品技術者会連盟(IFSCC)は化粧品技術発展のため国際的な情報共有化を目的に、1959年に設立された技術者の連合組織。現在、47カ国総会員数約16,000名が所属。毎年、化粧品技術者が一堂に会して、研究成果を発表し、討論する学術大会を開催している。


 化粧品広告における“真珠肌”の表現は珍しくありませんが、その商品の化粧材料や見え方は、これまで定義付けされておらず、イメージに留まっていました。ナリス化粧品は、なめらかな輝きや奥深い光沢を持つ真珠の魅力が、まさに女性が肌に求める理想の美しさではないかという仮説をもとに、“本物の真珠肌”を追い求めて、2011年10月より研究を開始しました。

真珠の光学特性に基づき新素材開発、製品化に一歩前進

これまでの研究では、精密なシミュレーションが可能となる3DCGの技術を活用し、物理的に再現された真珠の輝きの複数パターンを、顔画像(バイオスキンドールの形状、質感、表面光学特性を3DCGで再現)に重ねて評価、分析。その結果、複雑な曲面を持つ人の顏上では、真珠の特徴的な光学現象である「にじみ」が最も他者の印象に良い影響を与えることが分かっていました。
その過程で見出した真珠の光学特性に基づき、2013年7月より新素材の開発に着手。既存のファンデーション原料である①マイカ②合成マイカ③「パール粉体」そして④新素材「PB POWDER」(酸化チタンを被覆した合成マイカに水酸化アルミニウムを付着させた粉体)の4種をBRDF(双方向反射率分布関数)や多視点表面反射画像で比較、分析したところ、④の新素材が最も「にじみ」を再現できることが分かりました。
 
この粉体を配合した化粧料により、今後は多くの女性が憧れる“本物の真珠肌”を実現する製品開発に発展させていく予定です。
 
 
 
参考資料は こちら

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別