プレスリリース詳細
(2014/06/10)

(ナリス化粧品)

健やかで生き生きとした高齢者の増加を願って
ナリス化粧品が一般社団法人 日本介護美容セラピスト協会を設立

~ 6月14日よりセラピスト養成カリキュラムをスタート ~

株式会社ナリス化粧品(代表取締役社長:村岡弘義 本社:大阪市福島区)は、高齢者の日常生活自立度の向上に貢献するため、4月3日に一般社団法人日本介護美容セラピスト協会(代表理事:谷都美子)を設立いたしました。高齢者施設などでメーキャップやマッサージなどの施術を行う「ビューティタッチセラピスト」の養成事業を6月14日からスタートします。

日本は超高齢化社会に突入しており、平成24年の高齢化率は24.1%※1、平成23年度の医療費に占める老人医療費(65歳以上)の割合は55.6%※2でした。
高齢化の進行で医療費の増加が予想されるなか、ナリス化粧品では1996年頃から、身体の機能回復や人と関わることによる意欲の向上に効果のある「ビューティタッチセラピー」を推進しています。ビューティタッチセラピーとは、メーキャップやマッサージなどを通して、心と肌と身体の健康を促進する介護美容のこと。免疫力が強化される、言葉数が増えるといった研究結果が発表されています(※参考資料参照)。要介護・要支援の高齢者だけではなく、介護予備軍の方々にもビューティタッチセラピーを行なうことで、生き生きとしたアクティブシニアの増加を目指します。
※1:平成25年版 高齢社会白書(内閣府) ※2:平成23年度 国民医療費の概況(厚生労働省)
 

一企業の枠を超え、ビューティタッチセラピーを普及促進

ビューティタッチセラピスト基本コース マッサージ実技風景

ビューティタッチセラピスト基本コース マッサージ実技風景

日本介護美容セラピスト協会では、高齢者が集まる場に出向いてメーキャップやアロマテラピーなどを行う「ビューティタッチセラピスト」の教育事業を6月14日から開始。基本コースでは2ヶ月のカリキュラムを組み、受講者には医療介護の基本知識、メーキャップやマッサージの技術などを学んでいただきます。なお、今秋からは専門コースも開講予定です。
ナリス化粧品としては約20年にわたり介護美容を実施しており、今回、麻生介護サービス(福岡県)などの介護事業者とタイアップ、実践を通じてノウハウを蓄積し、より効果的な養成事業にブラッシュアップして全国に広めていく予定です。
今後は、一企業の枠を超えてビューティタッチセラピーの普及を進めていきます。また、製品や教材・ソフト等の開発事業、セラピストの認定事業も新たに展開していく予定です。

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別