プレスリリース詳細
(2013/10/05)
ヤングアダルトシニア男性女性会社員主婦

(日本燦クラブ)

人間国宝が織る結城紬を手描きで染め上げた
「結城紬と手描き更紗の展覧会」10月19日より開催

~ 「カナダの秋」「落葉」など、深まりゆく秋を表現した着物やタペストリーを展示  ~

タイトル「カナダの秋」制作年「1980年代」

タイトル「カナダの秋」制作年「1980年代」

寿恵更紗(すえさらさ)ミュージアムは、国内唯一の草木染め手描き更紗作家 故青木寿恵(あおきすえ)(1926‐2010)が描いた作品を展示する「結城紬と手描き更紗の展覧会」を10月19日(土)から11月24日(日)まで開催します。熟練の職人たちが伝統技法で織り上げた結城紬(ゆうきつむぎ)を青木寿恵が更紗染めで染め上げたものを着物からタペストリーまで幅広く展示します。

国内唯一の草木染め手描き更紗の担い手であった青木寿恵は、職人の丁寧な手仕事で織り込まれた結城紬を更紗染めで美しく染め上げました。更紗染めはインド発祥の染色技法で繊細、華美な更紗文様が特徴です。形の決まった定型染め、化学染料が一般的ですが、発色の良い植物染料を使用し、生涯芸術作品としての肉筆手描き技法にこだわり続けました。

2年もの歳月を経て実現した“結城紬の更紗染め”

タイトル「落葉」制作年「1980年代」

タイトル「落葉」制作年「1980年代」

 2010年にユネスコの無形文化遺産に登録された「結城紬」は日本最古の高級絹織物です。染料をはじくため手描き染めは困難と言われていましたが、青木寿恵は紬職人の要望に応え、一つの作品に約2年もの歳月をかけて完成させました。

青木寿恵は自然との調和や自然の美しさ、四季のうつろいを作品で表現し続けてきました。天然の植物染料で一筆、一色ずつ染め付けるという丁寧な工程を行うことで、「カナダの秋」や「落葉」は深まりゆく秋を表現しています。
 

■展覧会 概要

会  期: 2013年10月19日(土)~11月24日(日) 

開館時間: 午前10時~午後4時

     (入館は午後3時30分まで) 

休 館 日: 毎週月曜日(祝日の場合は翌日) 

観 覧 料: 一般500円/大学・専門学生350円/高校生以下無料  

主    催: NPO法人にほん燦クラブ 

後    援: 国際交流基金京都支部、向日市、長岡京市、本場結城紬技術保持会

問い合わせ: 電話075-934-6395/ファックス075-934-6396  寿恵更紗ミュージアム

--------------------------------------------------------------------------------------------------

本件に関するメディアからのお問い合わせ先

寿恵更紗ミュージアム(にほん燦クラブ会館内) / 館長 市橋正孝 担当 林宏雄

京都府向日市寺戸町寺山12-1  

ホームページ http://www.suesarasa-museum.jp/

TEL:075-934-6395    FAX:075-934-6396 

*参考はこちら

--------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別