プレスリリース詳細
(2013/07/18)

(株式会社イノブン)

年々増加する紫外線に、安心して続けられる対策を提案
「体の中と外から、紫外線ケア」をテーマに
シンプルスキンケアブランド「ネスノ」とコラボレーションイベント開催

~ 子どもも安心して使える日焼け止めの正しい使い方や抗酸化ハーブティーの体験 ~

 創業1814年、老舗生活雑貨店の株式会社イノブン(本店:京都市下京区)は、「体の中と外から、紫外線ケア」をテーマに、シンプルスキンケアブランド「ネスノ」とコラボレーションイベントを7月20日から8月17日にかけて、イノブン四条本店ほか9店舗で開催します。イベントの内容は、ネスノの開発者で雑誌リンネルで「キレイの道しるべ」を連載する茂田正和さんが監修。紫外線が強い季節のスキンケア方法や、日焼け止めの正しい使い方を伝えながらのハンドマッサージと、抗酸化ハーブティーレッスンを体験していただきます。安心して続けられる紫外線対策を伝え、当社の使命である健康で夢ある楽しい生活シーンを提供したいと考えています。

抗酸化ハーブティーレッスンの様子

抗酸化ハーブティーレッスンの様子

 紫外線は肌の活性酸素を発生させてDNAにダメージを与えることで、さまざまな健康被害や、シミ、シワ、たるみなどの老化の原因ともなります。気象庁の発表によると、1980年から2010年で最大18.5%も増加しているとされる紫外線への対策のニーズが高まっています。紫外線対策において大切なのは、紫外線を肌に届けないことと、活性酸素を作らせないこと。しかし紫外線から肌を守る日焼け止めには、使用感を優先し、肌荒れの原因となる成分が入っているものも多く、より安全で安心してできるケアの方法が求められています。本イベントでは、肌への負担の少ない安全な日焼け止めを正しく使用することで、紫外線を防御して炎症を抑え、ハーブティーで抗酸化成分を体に取り入れる方法を体験していただきます。

子どもも安心して使える日焼け止め

ハンドマッサージの様子

ハンドマッサージの様子

 使用する日焼け止めは界面活性剤やオイル、シリコンを一切使わず、肌の負担となる紫外線吸収剤も100%カット、水だけでもすっきりと洗い流せる「ネスノ バランスディフェンス UV <日焼け止めゲル>」。生後6カ月以降の子どもも使えるため、5月に本店でのみ開催したイベントには、小さな子どもを持つ20代後半から30代の女性や、敏感肌などお肌に悩みを持つ女性が多数参加。「肌に優しく使用感もさっぱりでぜひ子供にも使いたい」などの声が寄せられました。

参考資料はこちら

関連アンケート結果一覧

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

なぜ見えない下着にこだわるのか

~“お気に入りの下着”と、その心理的効果~

年代別

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別