プレスリリース詳細
(2013/07/05)

(一般社団法人日本ほめる達人協会)

国内で1万人を突破した「ほめる達人」を海外にも拡大
上海を皮切りに、シンガポール、ロサンゼルス、ニューヨークへ

~ 違いを知り、その違いを活用できる力を異文化の親善やビジネスに活かす ~

 一般社団法人 日本ほめる達人協会(事務所:大阪市西区、理事長:西村 貴好)は、外国に住む日本人の「ほめる」力の育成を通じて、国際親善や海外でのビジネスを促進するため、「ほめる達人(ほめ達)」の海外育成をスタートします。「ほめる=相手の価値を見つけて伝える」力は、異文化の違いを知り、その違いを活用する力につながり、海外では特に必要となります。
7月10日には初の海外講演を上海で実施、9月24日~27日にはシンガポール、年内にはロサンゼルスやニューヨークと展開し、海外での支部立ち上げを目指します。
「ほめ達」は、心理学や脳科学、コーチングをもとにほめる意味や手法を学ぶ

「ほめ達」は、心理学や脳科学、コーチングをもとにほめる意味や手法を学ぶ

 理事長の西村は、身近な人の自殺をきっかけに「ほめる」ことができる人が増えることで、自殺や鬱がまん延する「心の内戦」状態を終わらせることができないかと考え、2007年より「心理学」「脳科学」「コーチング」などの手法をベースに「ほめ達(ほめる達人)」の育成を開始しました。

「ほめ達」が今年の4月に全国で1万人を超えたことを機に、「家庭」「学生」「人材教育」「教育現場」など「ほめ達」の力が必要とされる分野での育成を加速しており、残された重要な分野である「海外」でも「ほめ達」育成を開始します。
 

将来は海外の支部を作り、外国人のほめ達も育成

「ほめ達」は、逆境からでもプラスの意味を見つけることができる

「ほめ達」は、逆境からでもプラスの意味を見つけることができる

 7月10日に上海で開催するセミナーでは、「心理学」や「脳科学」から見た「ほめる」ことの意味、「ほめる」ことで変わる相手との関係性、「ほめる」だけで厳しい指摘をしないことの弊害など、ほめることによる変化を科学的に説明します。また自分が言われて嬉しいほめ言葉を考えたり、逆境をプラスの意味に転換するトレーニングを通じて、参加者の思考を「ほめ脳」に変化させ、「ほめ達」を育成します。

 現在世界各地で、相手との違いを否定的に受け取る考え方が広がり、国家間のトラブルが増えています。他人との違いを知り、その違いをプラスの方向に活用できる力を持つ「ほめ達」の育成を通じて、異文化同士の理解や海外ビジネスの促進を目指します。
当協会の国内支部は、年内に10支部となる予定ですが、将来は海外にも支部を展開し、日本人だけでなく外国人のほめ達も育成、ほめる国際交流を広げます。
 
 
参考資料はこちら

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別