プレスリリース詳細
(2013/06/18)

(株式会社イノブン)

6月19日 百年を越える「京の老舗表彰」発表
京都府開庁記念日記念式典にて 4年に1度の表彰
老舗企業80社に、 イノブン も選出されました

~ 時代の流れと顧客ニーズに合わせ取扱商品を変更、紙問屋→文具店→生活雑貨店へ ~

 創業1814年、老舗生活雑貨店の株式会社イノブン(本店:京都市下京区)は、京都府内において、同一業種で100年以上にわたり堅実に家業の理念を守り伝統の技術や商法を継承し、他の企業の模範となってきた企業を顕彰する「平成25年度京の老舗表彰」を受賞します。6月19日、京都府立府民ホールで13時30分から開催される京都府開庁記念日記念式典において、その他表彰と併せて表彰予定です。来年には創業二百年を迎えますが、京都府から老舗の一員として先行し認めて頂くことを励みに、これからも一年一年大切に積み重ねて参ります。

江戸末期築の木造店舗(明治20年~大正10年撮影)

江戸末期築の木造店舗(明治20年~大正10年撮影)

当社は、1814(文化11)年、紙の卸小売業として創業し、以降、時代の流れと顧客のニーズに合わせ取扱商品を変更して参りました。江戸時代は和紙が主でしたが、明治になり帳簿類も扱いました。昭和になると文具を扱い、1964(昭和39)年、井上紙店から社名を「イノブン」に変更(井上が扱う文具の店の略称)。同時に「いの一番に文化を発信する」という意味も込め、旬な生活雑貨を扱いお客様に「新たな暮らしの提案」を続けて今に至ります。経営理念は「健康で夢ある楽しい生活シーンを提供する」。四条本店は創業時より一度も移転せず、1981年に木造店舗を地下1階、地上6階のビルに建て替え、2010年には新館も付加。現在は京都を中心に13店舗、オンラインショップ4店舗を運営しています。

アルバイトもバイヤーを担当し、個性と地域性を活かす店舗づくりを目指して

全スタッフが仕入から売り場づくりの責任者に

全スタッフが仕入から売り場づくりの責任者に

 永く愛される「Simple・Natural・Basic」をコンセプトに、プレ社員(アルバイト)を含む全社員が仕入から売り場づくりまでを行っています。地域の顧客の声を取り入れ、本当に気に入ったものを揃えることに一貫してこだわり、効率重視の大型店舗にはない、それぞれの個性や地域性を活かす店舗づくりを目指しています。

参考資料はこちら

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別