プレスリリース詳細
(2013/03/18)

(バリューマネジメント)

明治33年建築・神戸 北野町の一般非公開異人館「レイン邸」
正統派フレンチレストランとして、3月20日一般利用スタート

~ 本物志向の大人に向けたサービスで、かつて訪れた北野町界隈への再訪機会を提供 ~

婚礼事業のコンサルティング・運営のバリューマネジメント株式会社(本社:大阪市北区 代表取締役:他力野 淳)は、昨年12月に一般非公開の異人館・レイン邸(神戸市中央区)の運営権を取得しました。これにより、本年1月より邸宅式婚礼会場「北野迎賓館」としての営業を継承すると共に、3月20日より新たに正統派フレンチレストランとして一般利用をスタートします。かつて北野町を訪れた本物志向の大人が好む上質なサービスを新たに展開することで、思い出の町へ再来する機会を提供します。さらには今も美しい景観と異人館を維持する、神戸の町や市民にとって大切な北野町界隈の地域活性化への貢献を目指します。

「重要伝統的建造物群保存地区」北野町界隈

神戸の北野町界隈には明治から昭和初期にかけ、急増した来日外国人向けの住宅として200以上の洋館が建てられましたが、現在はレイン邸を含む約40棟のみとなりました。日本の高度経済成長期には、西洋と日本の文化が混ざり合う、エキゾチックな街並みが若者を中心に人気を集め、NHK朝の連ドラの舞台となるなど一世を風靡。昭和55年4月には国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも選定されました。しかし近年、神戸ではシーサイドに新しいスポットが次々とオープンし、神戸市発表の観光入込客数の推移からも、山の手にある北野町界隈に客足が増えていないことが見てとれます。(参考資料参照)
 

優雅・絢爛がコンセプトの大人向け正統派フレンチ

新しくスタートするレストランは、優雅・絢爛をコンセプトに伝統的建造物「レイン邸」に相応しい正統派フレンチを提供。世界的レストランガイド『ザガットサーベイ*』で神戸エリア料理部門4年連続1位に導いた経験のある石井之悠シェフなどの一流料理人が、美しくシンプルな盛り付け、食感、色彩の対比を追求した料理を提供します。
若い頃にデートなどで北野町を利用した大人の男女に、再び北野町に訪れたいと思ってもらえるような本物の味や上質なサービスを目指し、北野町ブーム再来の呼び水になればと思います。また、まずは婚礼の前取り撮影場所として隣接する北野天満神社に協力を仰ぐなど、今後街でのつながりを構築し、街全体で地域活性化に取り組めればと考えています。


* 『ミシュラン』と並ぶ2 大レストランガイド

参考資料はこちら

関連アンケート結果一覧

こどもが一番好きなキャラクターは、今年もアンパンマン

~ バンダイこどもアンケートレポートVol.154より。 「ポケットモンスター」と「プリキュアシリーズ」も人気 ~

年代別 性別

家族旅行で一番行きたい場所は、『東京ディズニーリゾート』

~バンダイこどもアンケートレポートVol.153より。大自然の『北海道』・『沖縄』が上位に~

年代別 性別

小学生の5人に1人が自分専用の携帯電話を持っている

~バンダイこどもアンケートレポートVol.152より。女の子の保有率が男の子を大きく上回る~

年代別 性別

成熟世代の“若さ志向”と、からだや下着意識の変化

~なぜ見えない下着にこだわるのか2~

年代別

お風呂に一緒に入るのは僅差で母親が1位

~バンダイこどもアンケートレポートVol.151より。未就学児までは「玩具・人形で遊ぶ」、小学生は「今日の出来事を話す」に変化~

年代別 性別